- 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 

プール開き?(Bitzeny の マイニングプール作りを自由研究)



 寒くなってきましたねぇ
 最近は色々と自由研究するテーマがあって(汗)時間が足りないです。
 あっという間に12月になって、年明けちゃうんだろうなぁ~


 
Loading...
 


 そんな中、最近お世話になっているサイト「間宮さんのさくっと仮想通貨」がありまして、非常に興味深い記事がありました。
 BitZenyのマイニングプールを作る!(概要)
 です。
 数回にわたりBitZenyのマイニングプールの構築を記事にしています。

 ちょうど、(貧弱ですが)VPSも借りている事ですし、前々からプールは気になっておりまして(汗)
 大人に自由研究しようかとw

 よく見かけるプールの下に「Powered by MPOS」ってあったので、リンクをクリックして「MPOS stands for Mining Portal Open Source.」なるほど。。。
 で終わっておりましたが、ちょうど、ガイドもあったので試してみた。

パート1:bitzenydの導入



 ガイドさんはこちら↓
 BitZenyのマイニングプールを作る!(①bitzenydの導入)

 最初から躓く
# aptitude install build-essential libtool autotools-dev autoconf libssl-dev libboost-all-dev pkg-config git
で、コマンドが見つからないと、、、
 aptitude が無いようでしたので、
# apt-get install aptitude
にて導入。

 以後、順調に進んでいたのですが、コピペの罠にハマってしまう(汗)

 「./configure –without-miniupnpc –without-gui –disable-tests –with-incompatible-bdb」この部分 引数の指定が「?」となってしまう。
 ハイフンと思いきや、ハイフン×2と気づく(汗)
# ./configure --without-miniupnpc --without-gui --disable-tests --with-incompatible-bdb

 そして、makeコマンドを叩くと、大量のエラーが発生した(汗)

 BIGNUM がどーのこーのって(汗)
invalid use of incomplete type 'BIGNUM {aka struct bignum_st}'


 何度かやり直しても同じエラー
 環境の差だろうか(汗)
 他のサーバーで同じ事をやってみた

 すると、さっきのエラーは発生せず。
 今度はメモリ不足でビルドが出来ないという(汗)

 仕方なし、さっきエラー吐いてたサーバーで、OSを再インストール、クリーンな状態からチャレンジしてみる事に。

 ガイドに添って設定を行い
# bitzenyd -daemon

 無事に起動してくれた。
 ※同期には数時間掛かっていたようだw


 途中で停止したのが悪いのか、再度起動すると、
# bitzenyd getinfo
で、繋がりませんと怒られる(汗)CPUも消費してるので、動いているはずなのだが。。。
 まぁ、今は動いてgetinfoも繋がるので、なんか止めたくない(汗)


パート2:mposの構築



 ガイドさんはこちら↓
 BitZenyのマイニングプールを作る!(②mposの構築)

 こちら、特に問題も発生せず、作業完了!

 ブラウザで index.php にアクセスして、見慣れた画面が出てきました。


パート3:stratum-miningの構築



 ガイドさんはこちら↓
 BitZenyのマイニングプールを作る!(③stratum-miningの構築)

 ここが一番ハマった所でした。

 stratum-mining がちゃんと動いてくれない。

 恐らく
aptitude install python-pylibmc memcached
のライブラリも必要そう


 で、試しに、ワーカーを作って、パソコンから接続して動かすと無事に接続して
accepted: 1/1 (100.00%), 0.53 khash/s (yay!!!)
と表示される。


 ガイドさんのブログの更新が待ち遠しいw

coinhive を試す(その3)


 なんか、この coinhive の仕組みを使えないもんかと。
 APIも用意してある、JavaScriptPHP。何か出来そう。



Loading...


 例えば

 var miner = new CoinHive.User( 'siteKey', 'userName' );

 とすれば、ユーザ毎にどれくらいハッシュを生成したのかを把握する事が出来る。サイト内通貨っぽく、ポイントっぽく、ユーザーに与え、それを、ユーザが消費するといった、事が出来そう。
 まさにこれ、BTC HEATですね。ここで使っています。
 ストッロを回して当たるとビットコインが貰える?、ただ、スロットを回す為にはマイニングをして回す為のコインを貯めると。
 ※その貯めたビットコインは引き出せるが、かなり貯めないと引き出せないという(汗)
 ※あとBTC HEATさん広告多め(汗)CPU貸してるのだから広告控えめでお願いしますw

 Simple Miner UIHTTP APIを使っているようで、1分おきに、http://btcheat.com/gethashes.php?id=ユーザID を呼び出して、サーバ側でHTTP APIとか使って 2500ハッシュ生成したら、1コイン払い出す計算をしてるかと。

 こんなイメージで、各ユーザ毎に管理が出来れば、ツール利用料代わりに使えるのではと。

coinhive を試す(その2)


 coinhive を試す(その2)。自動起動でマイニングするかどうかを試す。

 CPUは50%利用、コンソールを確認する。

⇒ 続きを読む coinhive を試す(その2)

coinhive を試す大人の自由研究


 ブラウザ上でマイニングをするという。
 coinhive ちょっと試してみた。



Loading...


 スタートすると、パソコンのCPUが上がっていくw

 coinhive のサイトにログインをして、dashboard を見ると。。。Pending Payments が増えていた(笑)


 余ってるCPUを少しだけ使わせてもらえれば、広告収入の代わりになりそうw



auからUQ モバイルへ紀香えました!


 昨日ギリギリのタイミングで、UQモバイルへ乗り換えた。
 実は10月の月初に切り替えようかと持って、MNP予約番号を取る為にauへ電話したところ、日割り計算やってないので、月末でも変わりませんよと、言われまして。。。
 やっと月末になった。
 10月29日(日)の朝にauへ電話して、MNP予約番号を取得、直ぐにUQモバイルのオンラインストアで申し込み完了。
 明日の30日(月)にはSIMも届くだろうなんて、思っていたら、届かず(汗)
 31日(火)、ギリギリ到着。
 仕事を早めに切り上げて、家に付いたのが19:30。
 届いた物を見たら、受付時間20:30までとか書いてあった(汗)
 急ごうかw

 とりあえず、回線の移行はまったく問題なく。SIMを差し替え、簡単すぎるくらいだった。

 メイン端末:iPhone6s/iOS10.3.3(入獄中) テザリングも問題なし。

 嫁の端末:iPhone6/iOS9.x(入獄中) では、電話はOKだったが、ネット接続がNG。以前、店舗の販売スタッフに古いOSの動作について聞いたら、最新のOSにしてくださいと。
 ただ、ネットには2016年2月19に「iOS9 対応のプロファイル公開について(UQ mobile)」という情報を公開している。
 恐らくこれで、いけるだろうと。。。
 http://www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/UQmobile_2.0.mobileconfig

 Wi-Fiから上記サイトへアクセス、プロファイルをインストールすると、無事にネットも出来るようになった。

 めでたしめでたし。