TIME4VPSでLet's Encrypt - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 未分類 » TIME4VPSでLet's Encrypt

TIME4VPSでLet's Encrypt


 現在 TIME4VPSで借りているVPSに、新たにムームードメインにてドメインを取得し、Let's Encryptの無料SSL証明書を設定してみた

 前回の記事でBitZenyのマイニングプールを作る自由研究をしていた訳だが、やはりSSL対応した方がよかろうと思い、新たにドメインを取得した。
 ,space が99円とかでドメインが取得出来る!
 安いと思ったら、更新時はちゃっかり 1,480円掛かるという(汗)まぁ、月割りしたら、缶コーヒー1個分だから、安いっちゃー安いんだけどね。

 ざっくりとした手順。
 まずは、ムームードメインで新たにドメインを取得する。
 DNSの設定では、以下のように、GMOペパポ以外のネームサーバを使用するを選択し、
 「ns1.time4vps.eu」と「ns2.time4vps.eu」を設定しておく。
 

 TIME4VPSの方では、ログイン後、Dashbordより「Order new service」をクリック。オーダーと言っても、DNS Managerというサービスは無料です。
 「DNS」のリンクをクリックして、DNS Manager を注文します。
 「Continue」で次へ進めてください。
 

 Price FREE! なので、大丈夫、無料です。
 「Continue」で次へ進めてください。
 

 画面を下へスクロールし、チェックボックスにチェックして「Checkiut」で次へ進めてください。
 

 確認画面が表示されます。
 
 同時にメールが2通届いているかと思います。
 「New order #XXXXXXXXX received」
 「DNS Manager Activation」

 すると Dashboard に「DNS Manager」サービスが追加されています。
 

 「Manage」をクリックで設定画面へ行けます。
 最初はこんな画面が表示されます。ここで「Add domain」をクリックして、ドメインを追加します。
 

 ドメイン名を設定します。Zone content は、自分で設定しても良いし、デフォルトのテンプレートを選択しても良いかと。
 後で追加削除が可能です。自分の場合はデフォルトのテンプレートを選択して、いらなそうなレコードを削除していった。
 
 「Submit」をクリック。これで完了

 ブラウザからドメイン指定でアクセスしてちゃんと表示されればOKですね。
 

 あ、更新の仕組みも入れないと(汗)



関連記事
スポンサーサイト
コメント(管理者承認後に公開します)

※未入力可能。メールアドレスは公開されますので、ご注意ください。
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.blog33.fc2.com/tb.php/766-a9974836