coinhive を試す(その3) - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 仮想通貨 » coinhive を試す(その3)

coinhive を試す(その3)


 なんか、この coinhive の仕組みを使えないもんかと。
 APIも用意してある、JavaScriptPHP。何か出来そう。



Loading...


 例えば

 var miner = new CoinHive.User( 'siteKey', 'userName' );

 とすれば、ユーザ毎にどれくらいハッシュを生成したのかを把握する事が出来る。サイト内通貨っぽく、ポイントっぽく、ユーザーに与え、それを、ユーザが消費するといった、事が出来そう。
 まさにこれ、BTC HEATですね。ここで使っています。
 ストッロを回して当たるとビットコインが貰える?、ただ、スロットを回す為にはマイニングをして回す為のコインを貯めると。
 ※その貯めたビットコインは引き出せるが、かなり貯めないと引き出せないという(汗)
 ※あとBTC HEATさん広告多め(汗)CPU貸してるのだから広告控えめでお願いしますw

 Simple Miner UIHTTP APIを使っているようで、1分おきに、http://btcheat.com/gethashes.php?id=ユーザID を呼び出して、サーバ側でHTTP APIとか使って 2500ハッシュ生成したら、1コイン払い出す計算をしてるかと。

 こんなイメージで、各ユーザ毎に管理が出来れば、ツール利用料代わりに使えるのではと。

関連記事
スポンサーサイト
コメント(管理者承認後に公開します)

※未入力可能。メールアドレスは公開されますので、ご注意ください。
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.blog33.fc2.com/tb.php/764-f79278b9