time4VPS の 契約~Ubuntu インストールまで - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 未分類 » time4VPS の 契約~Ubuntu インストールまで

time4VPS の 契約~Ubuntu インストールまで



 備忘録的に纏めてみたw
 これから time4VPS を借りて、大人の自由研究を行いたい人に参考になればと。

スタート


 まずは、サイトへアクセス!

 timr4VPS top page

 右上の「SIGN UP」でアカウントを登録。以後、このアカウントで管理画面へログインして、色々いじる事になる。

 そして、入力フォーム
 time4VPS アカウント作成

 一応、English で入れてみた。住所とか、Googleの翻訳で良いと思います。
 物が送られて来る事はまずないと思うし、適当でも良さそう(笑)

 *マークは必須項目です。

 Account type *
 自分は個人なので「Personal」を選択

 First Name *
 名「Taro」

 Last Name *
 姓「Akiba」

 Password *
 パスワードは、12桁以上で、数字と大文字を組み合わせで。

 Repeat Password *
 確認用パスワード。

 Email Address *
 メールアドレス。ログイン時に利用します。

 Address 1 *
 住所1「1-1 KandaHanaokaChou」

 City *
 「Chiyoda-ku」

 State *
 「Tokyo」など

 Postal Code *
 〒番号「101-0028」など

 Country *
 「Japan」を選択すると、次の Mobile Phone Number に自動的に「81」が追加されます。

 Mobile Phone Number *
 「81」+「携帯番号」を入力。だたし、携帯番号の先頭0は必要なし。
 (090-1234-1234 の場合 819012341234 となる)

 Where did you hear about us? *
 どこで知ったか?って事だが何でも良いです。

 Two-Factor Authentication
 二段認証をするかのチェックですが、自分はチェックしなかったです。

 で、ボットでは無いをチェックして「Submit」でアカウント発行。


アクティベーション


 先ほど入力したメールアドレスに、アクティベーションしてってメールが届くので
 タイトル「Your account needs activation」

 URLをクリックしアクティベーション。
 また、SMSで
 「認証番号:XXXX この番号を入力してください。番号の有効期限は 10 分です。Time4VPSより。」
 こんな内容のメッセージが届くので画面に入力する。

そして、ログインと注文


 ログイン後の画面
 times4VPS ダッシュボード、ログイン


 Order New Serviceを選択後の画面
 time4VPS OrderNewService
 お好きなプランを選択して「Continue」ボタンを押す

 確認画面
 time4VPS oderStep3
 問題なければ「Continue」ボタンを押す

 支払方法の画面
 times4VPS orderStep4
 ログインしていれば、アカウント情報が表示されるようです。
 「Chose payment metheod」で支払方法で「paypal」を 選択
 「Notes / Additional Information」をチェックして「Checkout」プリーズ。
 ※paypal以外だと、以後の画面が違うでしょう。

 注文完了の画面
 time4VPS_Order Confirmation
 「Proforma invoice #PF-XXXXXX generated」のメールも届く
 画面右上の「Submit payment」クリック

支払ましょう


 請求書が表示されます
 time4VPS submitPayment
 確認して「Subscribe」ボタンを押す

 time4VPS Paypal確認
 「ログイン」ボタンを押す

 
 Paypalアカウント情報を入力して「Login」ボタンを押す

 time4VPS支払確認画面
 「同意して支払う」ボタンを押す

 time4VPS 支払完了
 左下の「Back to Client Area」リンクで戻る。
 このリンクが小さく目立たないです。

いよいよセットアップへ


 time4VPS NewServer
 Dashbordに戻ると新サーバーが追加されている
 「newserver」をクリックしてみると

 time4VPS NewServer詳細
 「It can take up to 15 minutes to get ready your instance. Please wait, thank you for patience!」
 ちょっとまってねって言われます

 time4VPS インスタンス設定完了
 15分も待たず、Dashbord の表示が変わります。設定完了です

OSのインストール


 
 そして、OSのインストールへ移ります

 
 OSは Ubuntu 16.04(64-bit) を指定し、SSH Keyを設定してのOSインストール。
 SSH Key は 設定しなくてもOK。
 あ、お好きなOSを!

 
 「Server XXXXX.s.time4vps.cloud installation initiated and should complete in 5 minutes.」
 ちょっとまってねって言われます
 「Installation Results »」をクリック

 インストールが終わると
 
 情報が表示され、完成です
 パスワードは必ず控えましょう。

最後に


 実は、このガイド用って訳でも無いのですが、2CPUのサーバをレンタルして、Ubuntu 16 をインストールしたのですが、どうも、うまくいかない。プロセスを確認すると「apt-get upgrade -y」が終わらない。
 リブートをすれば、大丈夫だが、オカシイ。
 試しに、Ubuntu 15 をインストールしてみたら、問題なく。

 仕方なしに、Google先生に翻訳をしてもらいながら、サポートへ問い合わせてみる事に。
 比較的に早く返事があり、なんと、Ubuntu 16のインストールテンプレートの問題が見つかりましたとの事。
 当日中に、修正してくれたようで、Ubuntu 16 も問題なくインストール出来るようです。
 1CPU のサーバを借りた時は問題なかったんですけどねぇ(汗)

 なんか time4VPS いいかもw



関連記事
スポンサーサイト
コメント(管理者承認後に公開します)

※未入力可能。メールアドレスは公開されますので、ご注意ください。
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.blog33.fc2.com/tb.php/760-8f843196