vb.net 信頼されないSSL証明書をパスする(WebClient編) - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » PC » vb.net 信頼されないSSL証明書をパスする(WebClient編)

vb.net 信頼されないSSL証明書をパスする(WebClient編)

 今日は備忘録!


 開発言語は vb.net で WebClient を使用していた。
 本番環境は問題ないのだが、開発環境にはいわゆる「オレオレ証明書」を利用していて、例外が発生してしまう問題。
 良くある話ですね。

 こちらのサイトに情報があり、解決。
 http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/867sslavoidverify/sslavoidverify.html


 まずは、以下を事前にインポートしておく事

Imports System.Security.Cryptography.X509Certificates
Imports System.Net.Security
Imports System.Net



 次に以下のFunctionを定義する


Private Function OnRemoteCertificateValidationCallback( _
ByVal sender As Object, _
ByVal certificate As X509Certificate, _
ByVal chain As X509Chain, _
ByVal sslPolicyErrors As SslPolicyErrors _
) As Boolean

Return True

End Function



 で、使う時は……


Dim wc As New System.Net.WebClient()

' ----- オレオレ証明書を通過させる為の処理 -----
ServicePointManager.ServerCertificateValidationCallback = _
New RemoteCertificateValidationCallback( _
AddressOf OnRemoteCertificateValidationCallback)

' BASIC認証が設定されている場合
wc.Credentials = New System.Net.NetworkCredential( _
"ユーザ", _
"パスワード" )

' ダウンロードリクエスト
wc.DownloadFile( "リクエストURL" , "ダウンロードパス")
wc.Dispose()


 ざっくりとこんな感じ。。。



関連記事
スポンサーサイト
コメント(管理者承認後に公開します)

※未入力可能。メールアドレスは公開されますので、ご注意ください。
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.blog33.fc2.com/tb.php/497-9c869504