Google AdWords API を .NET から使う(設定編) - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 未分類 » Google AdWords API を .NET から使う(設定編)

Google AdWords API を .NET から使う(設定編)

 こーゆーのって、とっかかりが難しいと思うのよね。
 後は、プログラムなんて、似たようなモノwww

 Google AdWords API を使う準備として、とりあえず、AdWordsのアカウントがある事を前提です。
 無い場合は、アカウントの作成を。

 Microsoft Visual Studio 2008 を起動して、Windosフォームアプリケーションを適当なプロジェクト名で作りましょうか。
 プロジェクト作成

 次にWSDLを読み込ませておきます。
 例えば、InfoServiceというAPIは、https://adwords.google.com/api/adwords/v13/InfoService?wsdl に定義されてます。
 今回はサンドボックスを使うので、正しくは、
 https://sandbox.google.com/api/adwords/v13/InfoService?wsdl
 というURLになります。

 Visual Studio のメニュー「プロジェクト」->「サービス参照の追加」を選びます。
 サービス参照の追加


 すると以下のような画面が表示されますので、
 サービス参照の追加2
 上のアドレスに「https://sandbox.google.com/api/adwords/v13/InfoService?wsdl」を指定し、下の空間名は何でも良いですが、解りやすいように「InfoService」にしておきます。
 [移動]ボタンを押すと、中左のサービスが表示されるハズです。

 [OK]ボタンで登録しましょ。
 すると以下のようにソリューションエクスプローラで登録されてる事が確認できます。
 ソリューションエクスプローラ

 ここで準備完了!次は、プログラミングです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.blog33.fc2.com/tb.php/233-d691d53d