Wii センサーバーの自作(正確には改造か) - 大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » Wii » Wii センサーバーの自作(正確には改造か)

Wii センサーバーの自作(正確には改造か)

 なんと、うちの猫が2号機のセンサーバーのケーブルをかじって壊してしまった。
 あの細いケーブルは大好物だろうと思って、テレビ台に入れておいたのだが、、、こじ開けてしまったらしく、無惨な姿で発見された(涙)
 写真取り忘れです(汗)

 で、どうせなら、ワイヤレスのセンサーバーを買おうかと思って店を探すと。
 1600円だったかで、ありました。
 電池4個使うって事らしく、電池交換の事を考えると、ワイヤレスじゃなくってもいいかーって思った。
 でも売ってないんですよね(汗)

 仕方ないので、修理をしよう!!

 ネットサーフィンすると、自作でセンサーバーって記事が結構見あたる。
 どうやら、仕組みは簡単らしい。赤外線LED2個でも出来るらしいじゃん。

 電源の確保が出来れば楽勝か(笑)
 手っ取り早いのがUSBからの電源だ。パーツ屋さんにUSB-DCコードってのが280円で売ってた、合わせて基盤用のDCジャックを97円で購入。
 失敗した事を考えて、赤外線LED×2個と、抵抗も買っておいた。

 最終的には電池駆動もアリかと思うので、DCジャックを付けてみた(笑)

 まずはケースの加工です。

 細いコードが出てる中央部をヤスリでひたすら削る!!
 腱鞘炎になるくらい削る(笑)
 センサー ケース加工
 こんな感じ。
 この部分にDCジャックを入れる。
 いい感じに収まるようになる(笑)

 で、5個の赤外線LEDが付いているが、外側の2個を取りました。
 恐らく現状は12vくらいだろうと推測(汗)、USB電源が5vなので、そう考えると3個くらいかなぁーって。
 勘です。

 とりあえず、3個にしてみて、尚かつ、抵抗も飛ばしての点灯テストをしてみた。
 センサー 3LEDテスト点灯
 おー!
 5vでもちゃんと点灯するじゃん(笑)
 ※ダイソーで買った、ハンダ吸い取り器が大活躍する!!

 でも、LEDが結構熱くなってた(汗)やっぱ抵抗を入れておいた方が良さそうだ。
 付いてる抵抗値は24Ωくらいだったかな。

 ちなみに、既存のLED5個を点灯した場合は、こんな感じ。
 センサー 5LEDだと
 結構、暗いっす。

 そして、改良を加えたものがこちら、左側ですね。
 センサー 3LED化(左)
 電源のコードも変更済み。
 ショートしない事を祈りつつ、ハンダ付けしました(汗)

 右側の部分です。
 センサー 3LED化(右)

 次にケースへ収納
 右側と左側はフラットなケーブルになってるが、既存の取り回しだと、DCジャックの上を通過させる為に、ケースがしっかりと閉まらない
 センサー ケース収める
 見づらいですが、写真だと上側へ回避するように取り回す事で解決!!
 無理だったら、ここも細い線に変更しようかと思ったが大丈夫だった。

 で、外から見た感じ
 センサー DCジャック
 DCジャック部です。
 ここにUSBからの5vを供給してあげればOKです。
 やってないが、1.5v電池 × 3個=4.5vでもいけそうな気がする。

 でもって、完成!!
 センサー 点灯式
 無事に、左右3個ずつのLEDが無事に点灯しました。

 早速、wiiに接続してました。

 無事に動きました!!

 何がいいかって、猫にケーブルをかじられても280円で直る!!素晴らしい!!

 でもLEDが減った分だけ、感度が悪くなるのかなぁ?
 とりあえず、しばらく使ってみますわー
関連記事
スポンサーサイト
コメント(管理者承認後に公開します)

※未入力可能。メールアドレスは公開されますので、ご注意ください。
非公開コメント

トラックバック

http://ukkey3.blog33.fc2.com/tb.php/203-2cd958fc