大人の自由研究

大人の自由研究 ホーム » 

お知らせ

2016.12.05 ちょっとデザインを変更してみました

相互リンク

3DS 今更ですが arm9loaderhax の導入 - PM INIT FAILEDを乗り越えて

 必要性を感じなかったので、導入していなかった A9LH 。暇なんで、導入してみようかなぁと思い、やってみた。
 こちら→ 11.3対応arm9loaderhax導入 - 虚無空間 の記事を参考にしました。
 今回は「A9LH導入支援ソフト」を使ってみた。これを使うと、必要なツールのダウンロード、SDへのコピーなど、プログラムが行ってくれる為、ミスも減り、めちゃ楽ですねぇ。
 old3DSだけと思ったのですが、new3DSと2台に導入してしまいましたw

 old3DS導入の時、safehax が起動せず、「PM INIT FAILED」とエラー終了。
 ググってみると参考になりそうなコメントを発見!
 
udsploitは、3DS 11.3以前のバージョンでは起動しない例が多いようです。
根本的な対策ではありませんが、従来の方法で安定性が確認されている以下の
バージョンの fasthax+safehax で起動を行なってみて下さい。

fasthax (beta 4)
https://github.com/nedwill/fasthax/releases/tag/v0.4.0

safehax (r19)
https://github.com/TiniVi/safehax/releases/tag/r19

udsploitを使わずfasthaxを実行後にsafehaxを起動します。
(記事のudsploitをfasthaxに読み替え)

引用 - ちょっと寄り道 AGAIN (仮)

早速、ファイルを差し替えて再度チャレンジして、無事にエラーも表示されず、導入完了!

で、、、boot9strap というのも気になるw


スポンサーサイト

MHXX 強いベルダーブレイドを作ってみた


weapon00LevelData.w00d をちょっといじってみたです
ベルダーブレイド改
攻撃力はまだまだ上げられるようですが、装備してステータスを見ると1600になっていた(汗)
会心率は100%が上限のようで、防御力は255までいけそうです。
また、属性は127か128だったかな。。。

相変わらず、斬れ味ゲージは謎です。他の武器の値を使ってみた結果、上の画像の通りでしたー


HackingToolkit3DS を試す

 前々から気になっていた大人の自由研究ネタ
 [Tutorial] How to Decrypt, Extract & Rebuild 3DS|CIA|CXI Files

 とりあえずMHXXのROMから抽出してファイルの中身を覗いてみたのが前回の記事なんですが、いっその事、このバイナリを修正して、CIA化してやったら、どうなるか!?
 試してみたくなったw

 攻撃力の高い武器や、良スキル発動済みの防具などw
 出来るのではと。。。

 以下の2ファイルを修正
 - table\armorSeriesData.asd   装備のデータ
 - table\weapon00LevelData.w00d  大剣のデータ
 そして、resident.arc を作り直し。。。

 試行錯誤を繰り返し、CIAファイルを作成。FBIで3DSへインストールして、さて実行~
 起動失敗。

 何が悪いのか。。。CIAの作り方か、、、データの編集か。。。
 さらに試行錯誤を繰り返し。。。

 ふと、resident.arc を観てみたら、Versionの部分が、0x13になっていた、ここ0x11。
 修正したもので、CIAを作って、インストールしたら、目的の事が出来たw

 
 
 こんな感じ。
 1バイトの違い数日間も悩んだw

 備忘録として残しておく。


事前準備


 HackingToolkit3DS (V9)  https://github.com/Asia81/HackingToolkit3DS/releases
 PackEnglishV9.rar をダウンロード

 展開後 SetupUS.exe を起動
 すると、
 C:\Program Files (x86)\HackingToolkit3DS が作成され、いくつかのプログラムがインストールされる
 インストール先のディレクトリは選べない。


 以下、ちょっと修正したファイルや、新たにダウンロードしたファイル達です
 ・C:\Program Files (x86)\HackingToolkit3DS\UnpackCIAAsk.bat
 ・C:\Program Files (x86)\HackingToolkit3DS\RepackCIA.bat

  ※それぞれのバッチは、3dstool.exe へのパスが違っていた
  ※64bitOSの為であろう。

  誤)"%PROGRAMFILES%\HackingToolkit3DS\3dstool.exe"

  正)"%PROGRAMFILES(x86)%\HackingToolkit3DS\3dstool.exe"


 ・C:\Program Files (x86)\HackingToolkit3D\3dstool.exe
  新しいバージョンに入れ替え
  3dstool v1.0.23 https://github.com/dnasdw/3dstool/releases

 ・C:\Program Files (x86)\HackingToolkit3D\MakeRom64.exe
  新しいバージョンに入れ替え
  https://github.com/Steveice10/buildtools/tree/master/3ds
  CTR MAKEROM v0.15 (C) 3DSGuy 2014
  Built: 09:28:23 Feb 26 2017


手順



1.CIAの展開
 コマンドプロンプトより
 "C:\Program Files (x86)\HackingToolkit3DS\UnpackCIAAsk.bat" MHXX.cia

 MHXX.cia_Unpacked フォルダが作成、展開される


2.対象ファイルをバイナリエディタでゴニョゴニョする
 - table\armorSeriesData.asd   装備のデータ
 - table\weapon00LevelData.w00d  大剣のデータ
 今回は、この2つ。
 これを、再度 arc\resident.arc ファイルとしてアーカイブ化する

 ※自作ツール MHX_extraArc.exeを使う


3.CIAの作成
 コマンドプロンプトより
 "C:\Program Files (x86)\HackingToolkit3DS\RepackCIA.bat" MHXX

謎)
 同じCIAファイルを、Unpack/Repack を行ってもファイルサイズは同じだが、HASH値は異なる
 どちらのファイルもFBIからインストールして動作した


MHXX armorSeriesData.asd を見る


 大人の自由研究です。

 armorSeriesData.asd の中身が面白かった

MHXX armorSeriesData.asd

 ↑こんな感じ

 バイナリデータエディタで見ると
MHXX armorSeriesData.asd(2)
 1行16バイトなどで改行されてしまい、実に見づらいw

 ちゃんと並べてあげると、データの意味が見えてくるw


インフルエンザとマイコプラズマにかかった


 元気が一番w

 MHXX_savedataEditor の研究は、現在公開のもので、終了としますー

 ただ、大人の自由研究は続く。。。?